小木曽 賢一

サラリーマンの道、職人の道。

サラリーマンの道、職人の道。

モノづくりが好きで、工学部や建築学部を大学の進路に選ぶとしましょう。そして就職は、メーカーの研究職や・開発職に就くことになるでしょう。しかし、手を動かしてモノを作る仕事に携わりたいという人には、物足りなさを感じることにな...
日々1%の積み重ね。

日々1%の積み重ね。

さて、 たくみ塾の教育の特徴である木工修業。 でも、木工修業って言われても、 それが何なのかよく判りませんよね。 私はそれを習慣づけることと考えています。 それは、何かを毎日コツコツと続けること。 それで何が変わるかって...
中級生になる前に。

中級生になる前に。

早いものです。来月には、中級生たちが卒塾となります。 そんな節目を前に、初級生たちを集めて少しばかり話(説教)をしました。 要点は、 たくみ塾の制作実習は、「シゴト」の仕方を身につける場です。そこでは、学校教育の学び方は...
自らの作品に、漆を塗る。

自らの作品に、漆を塗る。

たくみ塾の強みは、すぐ近くにプロの作り手がいるということ。年間を通じてオークヴィレッジのスタッフを講師に、中級生を対象に特別講座を開催しています。 直近では、拭き漆の講座が進行中。それぞれに手掛けた作品を持ち込んで、漆塗...
お詫び

お詫び

選考会のエントリーフォームに不具合がありましたので、修正いたしました。 選考会追加募集Ⅱのエントリー締切日が迫っています。この春から木工修業に望み、2年後にはプロの木工職人として活躍する決意とともに、選考会に臨んでくださ...
考えているよりも。

考えているよりも。

先日のブログで、目標と手段の話をしましたね。 よく受ける質問に、「目標が定まらないうちは、木工に踏み出さない方がいいでしょうか?」と言われます。あなたなら、どう思いますか?
目標と手段。

目標と手段。

木工に踏み出す人たちのキッカケは人それぞれです。 その想いのまま木工に踏み出すのではなく、できればその想いを、1段も2段も高いところに置いて踏み出してみてはどうだろう。
3ヶ月も3年も。

3ヶ月も3年も。

先日で選考会 追加募集Ⅰのエントリーを締め切りました。引き続き、追加募集Ⅱのエントリーを受け付け中です。 さて、塾生の大半は大卒や社会人です。それ故に、それまでの道から大きく舵を切って木工の道に踏み出した者ばかり。 塾生...
Return Top

Solverwp- WordPress Theme and Plugin