お知らせ

春の、足音。

一時は地面に届くまでに成長した
ツララも屋根から落ち、
川の水量も雪融け水で増水しています。

雪国に住んでいると、
こうしたできごと一つ一つに
春が近いのを感じて、
ウキウキしてしまいます。

さて、
たくみ塾の卒塾式を来月20日に控え、
中級生たちも幾らか
ウキウキしているようです。

何しろ2年間の木工修業は、
春の芽吹きに備えて
長い冬の間に成長する
木々の芽のようなものですから。

これから飛躍的にに成長するのが
楽しみでもあり、
自分たちの手を離れていってしまう
寂しさもあり、
この時期のスタッフたちの気持ちは
複雑なのです。

そして4月から迎え入れる
木工素人の新入生たちに備えて、
気が抜けない時期でもあります。

The following two tabs change content below.

最新記事 by 森林たくみ塾 (全て見る)

URL
TBURL

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント欄

Return Top