たくみ塾OBの活躍ぶり

飛騨春慶の後継者としての出発。

国指定伝統工芸品・飛騨春慶の22年ぶりとなる後継者として、たくみ塾卒塾生の堀内江里菜さんが挽物木地師・川上憲一さんのもとに弟子入りしました。

飛騨春慶の後継者

女性では

初の飛騨春慶職人だそうです。

川上さんのもとに通って挽物を学び、挽物と漆で仕事を始めたのは知っていましたが、本格的に弟子入りして仕事に打ち込むんですね。今後の活躍ぶりを楽しみにしています。
漆掻きや刃物鍛冶もやるそうなので、たくみ塾の特別講座としてもお招きしたいと思います。
日本工芸会総裁賞受賞の丸山浩明さんの話題に続いて、モノづくりの世界に花を咲かせてくれて、嬉しい限りです。


モノづくりの世界に踏み出そうという若者を対象に、成功するモノづくりへの道を歩むためのアドバイスを日々配信しています。お気軽にご登録ください。

メルマガ登録フォーム
  *
  *
年代

メールアドレス  *

モノづくりの世界に踏み出そうという思いを、整理するための5日間。
モノづくりの原点は?
モノづくりへ踏み出そうとした、きっかけは?
モノづくりを通して、何を実現したいのだろう?

毎朝お届けするワークで、モノづくりへ踏み出す思いを確実なものにしませんか?
登録無料。

「モノづくりの世界へ踏み出す、5つのワーク。」
  *
  *
年代  *

Eメール  *

Facebookコメント欄

Return Top