OBの活躍ぶり ~木工を社会で活かす。

やりたい!を仕事にする。

「やりたいこと」を仕事にできたらいいのに…

日本の教育において、やりたいことを仕事にする道が拓けてないと思うのは、私だけでしょうか?

自分がやりたかったことは、ほんとうにこの仕事だったのだろうか?」社会に出てからそのギャップ気づき、悩み、模索して、ようやく木工・職人の世界を知り、森林たくみ塾に辿り着く。

モノづくりが好き。そして工学部に進み、大手電機メーカーに就職。設計業務に携わるも、大きすぎるプロジェクトの一部分を担当するだけで、全体像が見えない。自分の携わる仕事と、製品を使ってくれるお客様との距離が遠すぎる。

建築学部に進み、設計事務所に就職。公共事業など大型物件にも携わり、それなりにやりがいを感じて仕事をしてきたが、自らの手でモノを作っている実感が得られない。

ようやくたくみ塾に辿り着いた。それでは、木工の世界に踏み出すことができるだろうか?

自分自身の自信のなさ。

周りからの反対意見。

いずれかに押しつぶされて、諦めてしまうことが多いのではないだろうか?

それでは、たくみ塾生は、特殊な人たちなのだろうか?違いは、自らの可能性を信じるかどうか、ではないだろうか。

自分に木工の適性があるだろうか?木工で飯が食っていけるだろうか?

そんなこと、やる前にどれだけ考えてみたところで、わからない。やってみなけりゃわからない。

やりたい!を仕事にしたいと言う若者が、たくみ塾

木工ができる+α木工を通して実現したい、あなたの夢を現実に。

The following two tabs change content below.

小木曽 賢一

代表取締役株式会社たくみ塾
森林たくみ塾 塾長/ 株式会社たくみ塾 代表取締役/ オークヴィレッジ株式会社 制作部係長
URL
TBURL

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント欄

Return Top

Solverwp- WordPress Theme and Plugin