座学 ~木工の基本を学ぶ。

初日から土木工事

森林たくみ塾の実習には、「ゼミ」と呼んでいる枠がある。
森づくりやモノづくり、環境教育プログラムなど、ゼミの守備範囲は広い。
制作実習とともに、ローテーションでゼミを担当してゆく。

今日は、NPOドングリの会「バットの森づくり」の会場整備。

「初日から土木をやるとは思ってなかった。」と、Wくんが言うように、大水で流れが変わってしまった小川を元の流れに戻して、氾濫した湿地化した場所を元の状態に戻す作業。

森の中で、森のこと・木のことを色々話しましたが、よく整理してまとめてますね。
自分で調べたことも書き留めています。

いきなりスコップで作業を始める塾生たちに、段取りを立てて始めること(段取り八分)、バラバラに作業をするのではなく、3人で連携を取りながら作業をすること(チームプレイ)を説明。

その後の3人の動きは、格段に良くなった。

現場で学ぶことは、たくさんある。

URL
TBURL

Facebookコメント欄

Return Top