コラム

「モノづくり+α」を目指して。

マズローの新欲求6段階説」という言葉をご存知でしょうか?木工転職セミナーでも、よく引き合いに出していますから、ご存知の方もいるでしょう。簡単に説明すると、人はある欲求レベルが満たされると、はじめて一つ上の欲求レベルを求めるようになる、ということ。逆にいえば、飛び越していきなり高いレベルの欲求を求めることは難しいこと、ともいえます。

出典:https://fc.dai.co.jp/glossary/335

「つくりたい」という欲求を満たすべくモノづくりの世界に踏み出した、たくみ塾生たち。例えていうならば彼らは、第3段階の「社会的欲求」を満たして、第4段階の「承認欲求」を満たそうとしているのでしょう。

2年間の木工修業を経ると、木工経験もなく全くのど素人だった彼らも、「つくりたい」から「つくれることはあたりまえ」のステージに上がってきます。そうすると、どうなるでしょうか?ようやく次の欲求を求める余裕が生まれてくるのです。そうです、第5段階の「自己実現欲求」ですね。ですから結果として、「つくれることはあたりまえ」の即戦力を武器に、自らの世界観を構築しつつ独立して作家活動を始める者が多いのです。「つくりたい」を満たすために、いつまでも他人のコピーに終始している作家活動とは、一線を画しているのです。

キャリアアップに大切なのは、一つ一つ欲求の段階を上っていくこと。そこには能力と欲求のバランスが重要なんだと思います。たくみ塾生たちも、「つくりたい」からはじまって、「つくれてあたりまえ」の能力に到達することで、ようやく「モノづくり+α」のレベルに達しようという欲求が湧いてくるのでは、と考えているのです。

どうせモノづくりを始めるのだったら、「つくりたい」の更なる上を目指しませんか。わたしたちは、「モノづくり+α」の世界を切り拓く同士を求めています。

URL
TBURL

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント欄

Return Top