コラム

幼児期の原体験を大切に。

幼児期の原体験を大切に。

小さい頃、木の積み木でよく遊んでいました。
あの積み木は、オークヴイレッジの積み木だったんですね。
最初は気づかなかったけど、実習で手掛けたときに、手触りで初めて思い出しました。

聞いたら、親がオークヴイレッジのファンだったんです。
家に帰ってよく見たら、オークヴイレッジの家具がたくさんありました。

両親の影響をふんだんに受けて育ったHくん。

小さい頃から、オークヴイレッジの木製品に囲まれた生活。
気づいたら木が好きでモノづくりが好きな青年に成長。

モノづくりを志し、高校は建築科に進学。
そして家具職人の世界を知り、たくみ塾の木工修業の道へ。

現在は家具工房で職人として活躍しています。

最近は、両親がオークヴイレッジの大ファンという、
子ども世代が入塾するようになりました。

自分が果たせなかった夢を子どもに託すのでしょうか。
「つくる」を意味する漢字が名前に入ったりしています。

子どもに、仕事としてのモノづくりの道を歩ませてはいかがですか。
そして、親子でモノづくりの現場・木工修業の現場を見学に来ませんか。

メールでのお問合せ

森林たくみ塾では、モノづくりを志す若者を、2年間でプロの職人に育成しています。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 森林たくみ塾

    西山さん、コメントありがとうございます。
    幼少期の原体験がそのまま仕事につながることは、
    日本では少ないかも知れませんね。

    でも、
    子どもの頃にどんな遊びをしていたかということは、
    大人になっても何か繋がってるもんでしょう。

    本人に聞いてみたいもんですね。

  2. 結婚した友達に子供が生まれました「お祝いは何がいい?」って伺ったらσ(^_^)手作りの積み木が欲しいと言われ贈りました
    親からは感謝されましたが本人の気持ちはわかりません、もう17年も前の話です

Return Top