OBの活躍ぶり ~木工を社会で活かす。

丁寧に作られたモノを手にする喜び。

スズキ家の茶ノ間では、職人さんを発掘してオリジナルの商品を企画しているようですね。
作り手をとても大切にしている様子が伺えます。

作り手の技術を残すということは、その価値を理解する使い手を増やすということ。
作り手と使い手をつなげる役目って、大切ですよね。

URL
TBURL

コメントを残す

Facebookコメント欄

Return Top