制作実習

作業着。

塾生の作業着を、ユニフォームにした方がいいんじゃないですか?

毎年のようにスタッフから上がってくる意見だ。まずもって、誰がスタッフで誰が初級生で中級生か、部外者にはさっぱりわからない。ましてや、安全面からしても、ユニフォームにした方がいいに決まっている。

しかしながら、ユニフォームにすることで、何が解決できるのだろうか?

裾まわりや袖口の収まりがいいようにしなさい。

ドローコードがぶら下がっているパーカーはダメですよ。

カカトのない靴はダメですよ。

などなど、いちいち服装について注意する必要がなくなるだろう。確かに管理はしやすそうですよね。

しかしながら、作業者ではなく職人を養成する私たちは、マニュアル人間ではなく、自律して行動できる人材を育てたいんです。

ユニフォームなんかにしたら、塾生の考える力を削いでしまうのではないか?自らの作業スタイルは自ら作り出した方がいいのではないか?

へそ曲がりな私たちは、そう考えるのです。

そんなこんなでユニフォーム化は、来年も先送りされそうです。

塾生の皆さん、安全でかっこいいスタイルの作業着を、自ら見い出してください。
Return Top