座学

初級課題制作:板が部材になっていく。

さて、今日の講座は「木取り」を進める。

木工スクールによっては、木工機械は危ないからと生徒に使わせないところもあと聞く。一方で、たくみ塾の制作実習では初日から木工機械を使いこなしている。しかしながら、自ら刃物・定規をセットして、安全を確保しながら精度ある加工するとなると、まだまだおぼつかない点も多い。一つ一つ順を追い、まずはやらせてみながら安全の確認をするとしよう。

クロスカットで、長さをラフに切る。


やってはいけない危険行為を分かっているか?
まずは、表裏の欠点をチェック。

木目を読み、歩留まりを考えつつ、長さを切る。


リップで、巾をラフに割る。


安全対策に抜かりはないか?

欠点を切り落としながら、必要な幅に割る。


手押しで、ムラ取りする。


刃の切れ味は、確認したか?
安全カバーは安全に作動するか?
平面の確認方法は身に付いているか?
後ろ定盤の調整が正しくできるか?


自動で、分決めする。


順目に削れてるか?
材料の持ち方は良いか?


手押しで、矩出しする。


材料に添える手の位置は、安全を確保しているか?

矩の確認方法は身に付いているか?
勾配1/1000の精度が出ているか?


ギャングで、幅決めする。


±0.05ミリの精度が出ているか?


ここまでの工程で、必用な寸法の部材を加工することができた。

さて、ここからは選択した仕口によって工程が異なってくる。
まずは安全第一に。頭をクリアーにして向かおう。


スタッフのセットした機械は、安全確保のため、精度ある加工のための様々な工夫を凝らしているはずだ。技は教えてもらうのではなく盗むもの。これからは、じっくり観察してモノにするクセをつけよう。
Return Top