座学

初級課題制作:板組の木箱 〜段取り八分。

さて、初級生に提示した課題は如何に?


木取り表を見る限り、大きな間違いはなさそうだ。「ツノ」を取ることも忘れていない。しかし「240mm」で切ってしまってはいけません。ここは、300mm以下の材料は機械加工しないという「安全ルール」を忘れないでほしいところ。つまり、2本取りで切らなければなりません。


フロチャートは…
まだまだ些細に作成するのは難しそうだ。

選択する仕口によって工程の順序が変わることは、じっくり説明しないと分かりにくそうだ。そして、部材同士を現物合わせで押さえるポイント、各工程で使う機械・刃物・加工寸法・注意するポイントをできうる限り書き出して見た。

今回は、フロチャートの作成には力を入れている。それは「機械の前に立って考えないこと」を意識づけたいから。機械の前では「加工する」ことだけに囚われて視野が狭くなり、周りが見えなくなる。そして、考えながら作業をすると失敗も多いし、何より怪我する確率が高くなる。
だから、考えることは初めに全て考え尽くしておくこと。機械の前に立ったら、すでに決まったことを何も考えずに淡々とこなしていく。そこが今回の課題の到達目標だ。

さて、次回はようやく木取りから加工に入ります。
Return Top