お知らせ

【ご案内】灯しびとの集い

毎年のようにたくみ塾OBの名前を見かけるが、
今年は誰が出展してるだろう?
と探したら、
独立したばかりの元スタッフを見つけましたよ。
 ┗http://tomoshibito.org/
三輪泰季
森林たくみ塾23期生。
卒塾と同時にたくみ塾のスタッフを勤め、実力を蓄える。
2016年、兵庫に工房を構える。
2017年、再び高山に戻り、挽物を中心とした制作活動をしている。


関西圏では大きなクラフト展なんですね。
出展される作家さんのクオリティも
高いと聞いてます。

こうしたクラフト展をデビューのきっかけと
していくのが王道となっているようです。

数あるライバルの中で
如何に差異化できるのか
如何にブランド化できるのかが
カギを握っているようです。

灯しびとの集い灯しびとの集い
「Craft」とは、機械生産に対しての手仕事、と表現される。

元来モノを大量に必要とした時代が来る前には
Craftという言葉は無かったのかも知れない。
そのくらい人がモノを作るということは当たり前のことなのです。

当たり前で無くなりかけている時代に、その当たり前のことを生業とし、
人々の暮らしの中に小さな”思い”という明かりを灯す人たちがいます。

彼ら彼女らと触れ合い、モノが持つ物語に耳を傾けることで、
人の暮らしが少し豊かになり、モノに対する価値感も変るのではないでしょうか。

堺という街は日本の工芸を育てた「茶の湯」に縁が深く、
また古くは世界各国から様々な文化が水揚げされた
情報の窓口としての中心地でした。

再びこの場所から、人と人とのつながりをモノや食を通して
関西一円をはじめ全国にも広げて行きたい。

灯しびとの集いはそんな志を持つ人の集まりです。
URL
TBURL
Return Top