座学

手鉋を使いこなせ。

午前中の塗料講座を終え、
初級生たちは手工具の仕込みを行なっています。

いいカンナ屑が出るようになるまで、まだまだのようですね。

そんな初級生たちの鉋掛けを見ていた中級生たち。
自分の腕前をひけらかそうと、しゃしゃり出てきましたよ。

鉋掛けに熱が入ってきたようです。
ヒノキの角材を持ち出してきましたよ。

1年で、随分とうまくなったようです。

一朝一夕では上達しないのが手工具です。
毎日の研ぎとくり返し使ってみることが
手工具を身につける一番の早道です。

Facebookコメント欄

Return Top