プログラム

上流域から下流域まで、150名が源流域に集う。

2010年から続けている
NPOドングリの会主催の
「飛越源流の森づくり」には、
神通川流域を中心に上下流域から
ご参加をいただいて源流域の
森づくりの活動を行なっています。

活動の運営は森林たくみ塾が担い、
たくみ塾生たちのボランティアによって
運営しています。

今年のプログラムには、

富山から80名、岐阜から70名、
総勢150名もの方にご参加いただき、
森づくりを楽しみました。

当活動には、
リピーターも多くご参加いただきます。

初回から毎回欠かさずにご参加いただく
熱心な方もいらっしゃいます。

継続の力って大切ですね。

また、
森林ボランティアや一般の方だけでなく、
企業の皆さんが参加するのも特徴です。

オークヴレッジの木工職人さんたちだけでなく、
リコージャパン高山事業所の皆さまにも、
毎年のようにご参加頂いています。

そして、
次世代を担う子どもたちの参加も
増えてきました。

今年の活動を、
数回に分けてご報告します。

Return Top