制作実習 ~仕事を身に付ける。

初心を忘れない。初心を思い出す。

新入生Nくんのふり返りノートに、こんな文章が書いてあった。

ワクワクドキドキ。夢に向かって自分の道を切り拓くための1歩。
この気持をずっと大切にしていく。悔しい時、辛い時、どうしていいかわからなくなった時に、今日の「やってやる」という気持ちを思い出して頑張る!!
いよいよ明日から実習が始まる。内容はオークヴィレッジの積み木。
幼い頃から遊んでいたものを、自分の手でつくることができる。
大きな喜びと責任を感じる。


保育園から小学校低学年までの体験がその後の人生に大きく影響すると言われます。

Nくんの場合は、木の好きな両親に育てられたことが"今の自分"につながっているようですね。その後も両親が、彼の小さい時の"興味"を大切に育ててこられたのでしょう。高校卒業と同時に、森林たくみ塾に入塾してきました。

しかし一般的な親は、子どもの"興味"を大切に育てるよりは、世間一般の"常識"を優先して育てていませんか?自分自身がそうして育てられてきた、或いは自分の子どもをそうして育てているという方は少なくないはずですよね。

そうすると中学・高校の頃、将来のシゴトを考えるときには、自分が興味を持っていたことより、安定した収入や将来性・企業の知名度などを優先させていくことになります。

たくみ塾生たちは社会人が多いですが、彼らはそうして選択してきた"仕事・生き方"に疑問符を抱いて、真剣に考え・悩んで、モノづくりの世界に辿り着いた人たちなんですね。

同じように考え・悩んでいる人たちも、多くは"常識"から抜け切れないままに人生を過ごしていくことになります。

一度限りの人生です。
そんな人生ではもったいなくありませんか?

木工転職セミナーは、"常識"の世界から抜けだしてはじめの一歩を踏み出すことをためらっている人のためのセミナーです。

自分の"興味"を優先させて人生の舵を取り直し、その後"シゴトとしての木工"をしっかり担いながら活躍しているOBたちを紹介しています。
Return Top