OBの活躍ぶり ~木工を社会で活かす。

成人式に寄せて。

昨日は成人式でしたね。

先日は、
塾生のHさんも成人式を迎えたと
お話しましたね。

実は、
私の娘と姪っ子2人も成人式だったんです。

いつの間にか大きくなってぇと、
振袖姿の娘を目にした父ちゃんは
感慨ひとしおでした。

私の娘は看護学校に、
姪っ子二人はそれぞれ美容学校に
通っています。

手に職をつけるってことの大切さを
私の姉たちも理解しているんだなぁ。
父親が大工だった影響なんでしょうかね。

——————–
最近の、
大学ぐらい出ておかないと
という風潮には疑問を感じています。

何のために大学へ行くのか
という視点が抜けてしまっているからです。

かつては、
自ら舵を取る必要なんてなかった。
大船に乗ってさえいれば、
退職まで過ごすことができたんだから。

しかし今は、
大学を出たからって、
就職が保証されない時代です。

就職という大船に乗る事もできずに、
大海原に放り出されてしまっては、
舵取りの術も分からぬままに
波間に漂うのは当然です。

あなたの人生の舵を握っているのは、
世間体ですか?常識ですか?親ですか?

何をやりたいのか?
何のためにやりたいのか?

そこを見極めた上で、
自らの人生の舵を自ら握ってほしいもの。

——————–
自らの人生の舵を取る術を身につける、
「シゴト発見ワークショップ」、
もうすぐ申し込みの受け付けをスタートします。

Return Top