制作実習 ~仕事を身に付ける。

締めの「生木加工」

「フィールドワーク」改め「分野横断ゼミ」として始めて2年目。
モノづくりを目指してきた塾生にとっては「ゼミは別モノ」に捉えられがちだが、今年度は思いの他、スムーズに進行しています。

第一陣のメンバーは、土木工事から壁の塗装・苗畑の整備など3週間の間に様々な内容の作業をこなしてきたが、最後の課題は「生木加工」。

山で伐り出した木と2日間格闘しながら、作品を作り上げた。

生木を手工具で加工するということは、木の繊維と格闘するということ。
「木」という素材をダイレクトに感じることができるんです。

3人は、今日からようやく制作実習。
ゼミでの取り組みが、モノづくりに幅を持たせることを期待してます。
Return Top