制作実習 ~仕事を身に付ける。

たくみ塾の「ゼミ」とは

木工を学びに来たつもりなのに、「ゼミ」に割り振られた塾生たちは初日から屋外での作業が続いてる。

土木工事・外壁塗り・木の実拾い・・・
??と思う方もいるだろうが、これが森林たくみ塾の大きな特徴でもあるのです。


森林たくみ塾は、「木の文化の再構築を通した持続可能な社会の実現」を目指している。

木工技術を身につけるだけの木工塾ではなく、環境意識を持つ職人として、次世代を担う人材に育って欲しいと考えている。

環境意識をどう学ぶのか?どう身に着けていくのか?

実践主体のたくみ塾では、講座ではなくフィールドでの体験を中心に学んでいくことになる。

「森づくり~モノづくり」の中で、まずは体を動かしてみること。
そこでの気づきを、興味・学びへとつなげていくこと。
一人ひとり得るものは違うだろうが、ここでの経験が必ず自分の糧となる。

モノづくりだけにとどまらない。
そんな魅力があるのが森林たくみ塾だといえる。
Return Top